フリーランスになって1年経過したまとめ

In: お役立ち

フリーランス

目次

1.ごあいさつ
2.フリーランスになる直前
3.フリーランスになってすぐ
4.フリーランスになったその後
5.総 括!
6.まとめ

ごあいさつ

1年前の2013年11月22日に、503 DESIGN Gardenは生まれました。
1年間沢山の方にお会いし、様々なお仕事に携わらせて頂きました。
本当にありがとうございます、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて今回は今年最後の今日に、フリーランスになる準備から、この1年間行ったことをまとめたいと思います。
これからフリーランスになりたいと考えている方や、いつかフリーランスになろう、独立しようと考えている方の何かの糧になれればと思います。

フリーランスになる直前

まず退職してすぐに行った手続きについて。

1.国民健康保険への切り替えと減額申請(市役所)

退職したので社会保険から国民健康保険へ切り替えました。
「社会保険の任意継続」という手もあるのですが、私の場合は扶養家族は居ませんし、退職したので収入がゼロになるため、国民健康保険料を減額してもらえるので切り替えました。

ちなみに市府民税は前年の収入によって既に決定されているので、減額や免除は私には適用されませんでした。
当時の私の市府民税は3ヶ月毎に5万円以上あって…ちょっと死にたくなりました。

2.国民年金の免除申請(市役所)

厚生年金から国民年金へ切り替えました。
正直とてもじゃないですが払える金額ではなかったので、免除申請をしました。
その際、離職票のコピーを提出する必要があるので、前職から頂いていた離職票を3枚位コピーしておくと色々と捗ります。市役所関係へ行くときは、「身分証明書」「印鑑」「離職票」を持ち歩いていると結構便利です。

3.失業報告(ハローワーク)

離職票の原本を持ってハローワークに失業したことを報告しに行きます。失業期間が長くなった時に備えて、失業給付を頂くことにももちろん申請が必要です。
住所地を管轄するハローワークで「求職申込み」をしたのち、「離職票」を提出します。
その後、「雇用保険受給資格者のしおり」ももらいます。
このしおりをよく読むことが、後々大事になってきます。
受給説明会にでて雇用保険制度について説明を受け、「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」を貰いました。
その後、何度かハローワークに通います。

4.日本学生支援機構への猶予申請(郵送)

私は大学時代に奨学金を頂いていたので、その月々の返済が1万5千円ほど毎月末にありました。
仕事は決まってない、毎月収入が確定されていない状態で返済する事は困難だと判断し、1年間猶予を頂くために申請を行いました。
その際にもハローワークで頂いた書類を一緒に提出する必要性がありました。
提出して数カ月後に猶予の許可通知を頂きました。

フリーランスになってすぐ

フリーランスになると覚悟を決めた際に行った手続きについて。

1.早期再就職支援金の申請(ハローワーク)

フリーランスになると覚悟を決めたのは、ハローワークに失業報告をして2回程就職活動をした頃でした。
失業保険をまだ1回も貰っていないタイミングで独立することをハローワークに報告しに行くと、早期再就職支援金のお話をハローワークの方がして下さり、手続きすることが出来ました。
失業給付の全額ではありませんが、まとまった資金を頂くことができて独立の準備にとてもお世話になりました。

その他色々なタイミングで雇用保険の失業等給付の就職促進給付のうち「就業促進手当」として、「再就職手当」、「就業促進定着手当」、「就業手当」などがあります。
ハローワークで頂いた「雇用保険受給資格者のしおり」には様々な情報が書かれているので良く読んでみてください。※不正受給は犯罪ですよ。

2.「個人事業の開業届」と「所得税の青色申告承認申請所」を提出(税務署)

ブログ:フリーランス3ヶ月目が確定申告(青色申告)にチャレンジした結果。

上記記事の「参考にしたもの、準備したもの」に詳しく書いてあるのですが、下記の本を2冊購入していました。
「個人事業の開業届」と「所得税の青色申告承認申請所」の書き方も詳しく書いてあったので、そのとおりに提出。
提出しなければ絶対ダメではない様なのですが、青色申告をしたい場合は要提出です。

amazon // フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック[3訂版]
amazon // フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

3.クリエイティブクラスターへの登録

大阪府には「クリエイティブビジネス」という支援サービスがあります。

引用:大阪府では、さまざまな企業とクリエイティブ資源とのコラボレーションによる新たなビジネス展開を通じ、両方にメリットが生まれるよう支援を行っています。

もともと大阪DTPの勉強部屋に参加していたこともあり、支援活動をしているメビック扇町をよく利用していたので、紹介して頂いたまま登録しました。紹介ページも作って頂きました。

4.クラウドソーシングへの登録(失敗)

これは後述しますが、失敗だったと思います。
小金は確かに手に入れることは出来ましたが、過去に戻れるなら登録しないという選択をします。

5.ゆうちょ銀行で専用口座の開設

次のクレジットカードでも触れますが、確定申告する際にお仕事用としてあらゆるものを「別に分けて」準備しておいたほうが便利です。
もちろんそれは口座もですし、クライアントさんにとっても自分にとっても便利な銀行が良いです。
取り扱い店舗が多くて、自分の生活範囲から近くて利用しやすい銀行が良いです。
ゆうちょ銀行での専用口座については、以前まとめたので下記リンク先をどうぞ。

ブログ:3ステップでできる!フリーランスが屋号で口座を作る方法。

6.クレジットカードの作成

フリーランスはクレジットカードの審査に落ちる、という情報が多々あります。
私もフリーランスになって半年後くらいにJ-WESTカードを作成しようとした事があるのですが、見事に審査落ち!
クレジットカードは在職中に作ったほうが確実かと思います。

小さな買い物でも、仕事用の備品などは仕事専用のクレジットカードで買っておくと処理の際、とっても便利。
今どきの確定申告用ソフトは、自動でクレジットカードの利用履歴を読み込んでくれるので(確定申告に備えた)会計処理の際、自分で登録する手間が格段に減ります。

なかでも楽天カードは1日〜31日の利用料が翌月の27日に請求されます。
私は月末締めの翌月25日払いでお仕事させて頂いているので、万が一残高が心もとなくても請求が27日なのでなんとかなる、かも。
仕事用の支払いを楽天カードにまとめることでポイントも溜まりやすいです。

というわけで、登録はこちらからどうぞ↓↓↓

フリーランスになったその後

1.クリエイティブビジネスマッチングへの参加

前項のクリエイティブクラスターへの登録をしたことにより、大体毎月、定期的に行われるクリエイティブビジネスマッチングに参加しました。
毎回違う企業さんがデザイナーや協力してくださる人を探すことを目的に、プレゼンを行います。
もちろんその企業さんに売り込みに行ってもいいのですが、全体のプレゼン後に行われる名刺交換を兼ねた交流会に参加していました。
私が唯一行っていた営業活動です。

2.お仕事をもらえたきっかけ

独立して1番お仕事を頂いたのは前職でした。
今でも何かと気にかけて下さり、毎年忘年会にも呼んで頂けて本当に嬉しいです。

それから大阪DTPの勉強部屋でお知り合いになった方からもお声をかけて頂けました。
あとはクリエイティブビジネスマッチングでお知り合いになった先輩方に声をかけて頂いてお手伝いさせていただいたこともあります。

仕事をどうやって獲得するか、がフリーランスになると一番の課題になると思いますが、こればっかりは長く厳しい戦いになると思います。
沢山の人とお話をして、名刺交換をして、日々粛々と自分のスキルを磨いたり発信したり…。
個人的には3年位は耐え続ける期間かな、と考えています。

3.クラウドソーシングの最悪の事態

クラウドソーシングが最悪、みたいな書き方ですが、厳密にはクラウドソーシングで出会った方と良いお仕事はできなかった、という意味です。
私のめぐり合わせが悪かった面もあると思います…。
ただ1つ私の中で確信していることは、クラウドソーシングを経由してのお仕事は「私でなければならない仕事ではない」ということです。

「私でなければならない仕事ではない」お仕事はだいたい「格安であること」と「時間に都合がいいこと」ばかりが求められがちです。

結局何が最悪だったかというと、お相手の都合にばかり合わせられてしまうため、結果的に自分の時間や財布の余裕もなくなり、心に余裕が無くなってしまうため身近な人に暗い話ばかりしてしまったこと。そういうの、本当に良くないです。

4.確定申告と還付金

確定申告の方法については下記記事に以前まとめました。

ブログ:フリーランス3ヶ月目が確定申告(青色申告)にチャレンジした結果。

本当に日々会計処理をしておけばなんということはないです。
早めに確定申告をすればするほど、還付金が帰ってくるまでの期間も短いので、今年は早めに出そうかな、と考えています。

5.ブログがバズった結果

デザイナーにまず知ってほしい文字組み入門」という記事が突然バズり、サイトが落ちるんじゃないかと思うくらいアクセスが急増しました。

ただこれで分かったことは、アフィリエイトって本当にアクセス数が必要なんだな、と。
良いランチには行けるけれど、焼き肉はちょっと無理ですね。
ちなみにブログがバズったからといって、お仕事依頼には繋がりませんでした。

中々難しいですね、アフィリエイトの業界って。

総 括!

独立して良かったことは様々な出会いを通して色々な世界を見ることができたことだと思います。
世の中には多種多様な仕事だけではなく、様々な考え方を持った人が居るのだという、当たり前だと思いがちなことを再認識しました。
「知らなければ幸せだったな」と思うことも確かにありました。
企業に属していたら会うことも無かった方と出会ってしまってとても嫌な気持ちになったことだってあります。
人間関係に悩まない、というメリットがフリーランスにあると思われがちですが、ゼロになることはありません。
けれど、全部ひっくるめて本当に沢山の人に出会ってよかったと思います。
「人付き合いが苦手」という人はフリーランスは向いていないと私は思います。

それからあらゆることを独りでしなければならないため、様々なスキルがぐっとアップした気がします。

文字通り「3ヶ月後に収入があるかどうかの不安」が常に付きまとうのですが、「なんとかなる(はず)」という前向きな姿勢と精神力も鍛えられました(笑。

まとめ

本当にあっという間の1年でした。
沢山の方にお世話になり、色々な方に声をかけて頂き、本当に幸せです。本当に本当にありがとうございました。
今後もより一層頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

思ったより長い記事になってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
どなたかの糧になれれば本当に嬉しいです。
それでは今年のブログはこれで最後です!皆様良いお年をお迎えください!

Share

Contact me...

ご用件(必須)
会社名/団体名
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お問い合わせ内容

お問い合わせありがとうございます。
読み物に関していただいたご質問へのお返事は、基本的にはお約束しておりません…。ご指摘いただいたものに関しては、再調査等を行って記事との関連性を精査し、記事内にてご報告させていただく場合もございます。