初心者向けInDesign講座を開催しました。

In: セミナー

初心者向けInDesign講座を開催しました。

2015年8月8日・22日の2回にかけて「初心者向け!InDesignでチラシを作ろう。」という講座を開催しました。
イベント告知跡地:https://hardwork.doorkeeper.jp/events/28232

主な目的としては3つ。
・InDesignへの参入障壁を低く(したい)
・文字組みに関する知識を浸透(させたい)
・事務所のスペースの有効活用

企画運営は私、森崎@503DesignGardenが得意とするところですので、私がチラシの原稿を制作し、デザイナーの参加者の方々に発注するという体で準備を行いました。
講師は大石十三夫さんこと「おぢん@works014」です(紹介ページはこちら)。

今回、5名の方に参加していただきましたが、Webデザイナーさんが中心でした。
InDesignは皆さんほぼ実務で使用したことがなく、中には前日に「初めてインストールした」という方も。

講座の進め方としては、IllustratorとInDesignの違いを説明し、全員で一緒にInDesignの立ち上げから行いました。
InDesignの障壁の1つとして、立ち上げてすぐにダイアログが出てくることが大きいと思います。
1度使ってしまえばなんということはないのですが、試しに立ち上げて見ると「まず設定をしなければちょっと使ってみる」こともままならない状況は困りますよね。
講座では大石さんの画面を映したモニターを見ながら、レイアウトグリッド、マージン・段落の使い分けを実際に手を動かしながら試していきます。
横組み縦組みなどのひとつひとつのアイコンの説明も、実際の書籍を見せながらなど、終始皆さん「あぁなるほど」と頷いておられました。

基本的な環境設定や、段落スタイル・文字スタイルの説明ももちろんのこと、イラストレーターとインデザインの画像の扱いの違い、囲み文字の作り方なども実際に手を動かしながら作業をすすめました。

2日目までにひと通りご自身で作成したものを1度提出していただき、それを元にそれぞれのデータを見ながらの添削を行いましたが、皆さんの習得スピードも早く大石さんも非常に興味深かったとのことです。

また、参加されたK本さんから感想をいただきました。

普段DTPの作業はイラストレーターのみというほぼIndesign初心者の状態で挑みましたが、文字組周りの操作方法や機能の説明、ちょっとしたTipsなどとても分かりやすく助かりました! もちろん、実用するにはまだまだ使いこなすまでの慣れや練習の期間が必要だと思いますが、今後の作業の引き出しの貴重な1つになったと思います。本当にありがとうございました。
ぜひ今度は、データを入稿するまでなどより実践的なところまでお聞きしたいです!

事務所のスペースの都合で1度に5名という少人数講座ですが、今後も定期的に行いたいと考えています。
おぢん「需要がなくなるまで…ね…」

そして中級者向けと銘打って、カタログを作ろう!も企画中です。

お問い合わせ・ご質問は、お気軽にお問い合わせフォームもしくは@503DesignGardenへどうぞ!
お問い合わせフォーム

Share

Contact me...

ご用件(必須)
会社名/団体名
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
お問い合わせ内容

お問い合わせありがとうございます。
読み物に関していただいたご質問へのお返事は、基本的にはお約束しておりません…。ご指摘いただいたものに関しては、再調査等を行って記事との関連性を精査し、記事内にてご報告させていただく場合もございます。